ホーム 環境素材 生活環境
生活環境

「宇宙船地球号」ではいま何が起こっているのか、私たちが生活する日常でどのような変化が起こっているのかをいっしょに考えてみましょう。

seikatu_kega地球ではオゾン層破壊、酸性雨、地球温暖化、森林の減少、土壌の劣化、水質汚染、化学物質汚染など多くの環境問題が起きています。

地球環境の問題ということはわかるけど、私たちが生活する身近な地域ではそんな環境問題はないと思っていませんか?
そんなことはありません。このままでは確実に私たちの生活に影響がでてきます。

今回は空からの警告としてオゾン層破壊、酸性雨、地球温暖化について勉強してみましょう。


オゾン層破壊

冷蔵庫、スプレー、エアコンに広く使われていたフロンは大気中に放出されるとゆっくりと上昇し、紫外線(UV)を緩和するオゾン層を破壊していきます。
オゾン層が破壊されると、有害な紫外線が地表にふりそそぎ、皮膚ガンや白内障といった人への健康被害や生態系への悪影響が心配されています。
オゾンホールは年々大規模に観測されるようになっています。
オゾン層は地上15~20kmの成層圏内の比較的下部にあるオゾン濃度が高い部分をいいます。
私たちが行わなければならない事は、できるだけフロンを使用しないこと、フロンを含む廃棄物は適切に処理してくれる業者へ依頼することが重要です。

オゾンホールの面積の変化

seikatu_ozon

1979~1998のオゾンホール面積の年極値。
オゾンホールの面積は、45°S以南でオゾン全量が220m_atm_cm以下の領域の面積で定義する。
NASA提供のTOMSデータ等をドブソン計による観測値と比較検討の上作成。

seikatu_tikyu

資料:気象庁

酸性雨

酸性雨は石炭や石油などの化石燃料を燃やす事で硫黄酸化物(SOx)や(NOx)が発生します。
この化学物質が大気中で反応し硫酸イオン、硝酸イオンに変化します。
これらが取り込まれpHが5.6以下の酸性を示した雨を酸性雨(酸性霧)といいます。

雨の全国平均pH値は4.8~4.9であり全国的に酸性雨が確認されています。

seikatu_sansei

地球温暖化

seikatu_suibotu

大気中の温室効果ガス(二酸化炭素など)濃度が増加すると、地球の平均気温が上昇し、地球規模での気候変動や海水面の上昇が起こります。

このような温暖化は、地球規模の気候メカニズムに大きな変動を引き起こし、自然の生態系や農業生産に大きな影響を与えます。

さらに、現在進行している温室効果ガスの増加が21世紀末までそのまま進む(BaUシナリオ)とすると、地球全体の平均気温は約2度上昇し、海水面は約50cm(最大1m)上昇すると予測されています。

つまり、私たちの生活の重要な拠点が集中している沿岸地域が水没することになるのです。

seikatu_co2

seikatu_kion

わたしたちが排するCO2の量を計算してみましょう

項目 使用量(※排出量) 係数 CO2排出量(kg) 金額(円)
ガソリン(軽油) L ×0.64 =
灯油 L ×0.69 =
電気 kwh ×0.12 =
ガス 立方メートル ×0.64 =
水道 立方メートル ×0.16 =
可燃ごみ ※   kg ×0.24 =
不燃ごみ ※   kg ×0.24 =
アルミ缶 ※   本 ×0.05 =
スチール缶 ※   本 ×0.01 =
ビン ※   本 ×0.03 =
合計